Gradient

生物多様性とSDGsユース会議 学生委員会プロフィール

「学生委員会」とは、ユースの立場から会議の企画・運営に関わり、

よりユースの意見を反映した会議を実現するための、ユースによる準備組織です。

学生委員会リーダー/
​中尾 壮良(なかお そら)

​人間環境大学 人間環境学部 環境学科 3年

これからの時代を支えていく鍵となるのは紛れもなくユース世代の私たちです。そんな私たちユースが、SDGsという世界規模の目標についてこのような機会を頂くことはとても貴重なことだと思います。このユース会議を有意義なものに出来るよう、皆さんと一緒に頑張って行きたいと思いますので、よろしくお願いします!

学生委員会 副リーダー/
村川 直也(むらかわ なおや)

​愛知教育大学 初等教育教員養成課程 理科選修生物 3年

私がSDGsを真剣に考えるようになったきっかけは、大学の教員から関連団体を紹介されたことです。ほんの些細なきっかけから、活動に取り組む人が増えてほしいと思います。会議では、日常生活とどう関連しているかを切り口に皆さんと考えたいと思います。よろしくお願いします。

学生委員会 副リーダー/
片田 美穂(かただ みほ)

​名古屋大学 農学部 応用生命科学科 4年

生物多様性やSDGsに興味はあるけど何をすればいいかわからない、行動に移せない人はまだまだたくさんいると思います。私も一緒に、具体的なアクションを考え、長期的に実行に移していきたいです。生物多様性保全・SDGsに取り組む最先端となって、ここ愛知県から、私たちユースが全国を引っ張っていきましょう!

学生委員会
鵜飼 明歩(うかい あきほ)

名城大学 農学部 生物環境科学科 2年

生物多様性やSDGsについて話し合う場を設けていただけて嬉しいです。皆さんの色とりどりの発想があふれ、生き生きとした会議にできたらと思います。ユース会議を通して生物多様性やSDGsへの学びを深め、私たちにできることを一歩ずつ取り組んでいきたいです。皆さんにお会いできるのが楽しみです。よろしくお願いします。 

学生委員会
王 愛里(おう あいり)

名古屋大学 理学部 生命理学科 2年

自然や生き物が好きでこの歳になっても毎年セミを捕まえています。大学では生物についてミクロの視点から勉強しています。また2020年現在、Change Our Next Decadeの生物多様性ユースアンバサダー中部に所属して活動しています。私たちの将来に関わる大きなテーマについて、みなさんと一緒に考えてがんばっていきたいと思います!

学生委員会
久留宮 小春(くるみや ちはる

人間環境大学 人間環境学部 環境科学科 3年

はじめまして! 私は、どんな人でも生物多様性やSDGsについて真剣に考え、「自分たちの行動で世界の未来が変わること」を意識した生活が送れるような社会になったらいいなと思い、委員会に参加しました。ユース会議当日は、様々な経験を重ねたユースの方々と多角的な視点で議論ができることを楽しみにしています!

学生委員会
武馬 弘季(ぶま ひろき)

社会人(2018年度 中部大学卒)

大学生から環境団体に所属しており、社会人になっても継続したいと思い活動を行っています。環境やSDGsについてより深く学び、自身の成長に繋げていきたいです。そして、多くの方に重要性や身近な生活との関わりについて伝えていきたいです。

学生委員会
村井 美乃里(むらい みのり

人間環境大学 人間環境学部 環境科学科 1年

ユース会議という貴重な機会を頂いたので、リーダーシップ向上など、自身の成長の機会にしたいです。また全国のユースや愛知の学生との意見交換、企業や愛知県の方のヒアリングを通じて、より良い地域づくりや持続可能な社会づくりに貢献したいです。

学生委員会
村松 誉斗(むらまつ たかと

名古屋大学 農学部 生物環境科学科 4年

私は森林系の分野を専攻しています。森林保全が経済や社会とどう関わっていき、どのようにSDGs達成に貢献できるのか今回のユース会議をきっかけに考えていきたいと思っています。他分野の学生との交流を通して皆さんで知識を高めていきたいです。

学生委員会
吉田 圭佑(よしだ けいすけ)

名古屋大学 農学部 4年

私はこれまでの活動を通し、生物多様性を保護することの重要性を知るだけでなく生物多様性や環境保護に対し並々ならぬ熱い思いで活動に取り組む人達の話を聞く機会を得ることができました。ユース会議でもそうした皆さんの活動に対する思いを知り、一緒に協力することができれば嬉しいです。

協力:
COND

生物多様性COP15に向けてアクションを起こす日本のユース団体、

COND(Change Our Next Decade)にも協力を頂き、会議を運営していきます。

CONDホームページ